大和は国のまほろば。。。まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
奈良の伝統行事やイベントの情報を掲載しています。
「カテゴリ-」から、見たい月の記事をご覧ください。
情報は、変更されている場合もありますので、確認してくださいね。

2005年10月30日

「平城宮跡第一次大極殿正殿復原整備」工事現場の特別公開(第3回)と記念講演会(11/4〜6)

大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


「平城宮跡第一次大極殿正殿復原整備」工事現場の特別公開(第3回)と記念講演会

♪文化庁が平成13年度より整備を進めている「平城宮跡第一次大極殿復原整備工事」に関連し、文化庁の主催により、一般の方々を対象とした「第3回復原現場特別公開」及び「記念講演会」が実施されます。
♪普段入場できない復原整備工事現場(素屋根(すやね)内部を含む)を見学することができ、また、平城宮跡についての講演も開催されます。

平城遷都1300年記念事業協会のHPより
1.実施内容
(1)特別公開
  日 時:平成17年11月4日(金)〜11月6日(日)
       9時30分〜16時(閉門17時)
       (4日(金)のみ13時開始)
  場 所:特別史跡平城宮跡内 正殿復原整備現場(奈良市佐紀町)
  参加費:無料(素屋根内の見学については、安全上入場を制限する場合があります)

(2)記念講演会
  日 時:平成17年11月5日(土)13時〜15時
  場 所:平城宮跡資料館講堂(奈良市佐紀町)
  内 容:(第一部)
      テーマ:「平城京・遷都1300年」
      講演者:奈良大学名誉教授・大阪府文化財センター理事長
           水野 正好 氏
      (第二部)
      テーマ:「平城京造営の歴史的意味
                   −平城宮第一次大極殿建設遅延の理由を解く−」
      講演者:奈良文化財研究所飛鳥藤原宮跡発掘調査部考古第一調査室長
           井上 和人 氏
  参加費:無料(定員:300名 当日先着順・事前申込不要)

posted by tomo at 23:30| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

第一次大極殿正殿復原整備特別公開+河瀬直美
Excerpt: 奈良に帰っていました。 今日までだいこくでんの特別公開があり、 中にはいってきました。 ゆったりとした屋根の反りは気持ちよかったです。 私の感覚はこの平城京にあると感じた一日でした。
Weblog: BLOG×PROCESS5
Tracked: 2005-11-06 23:53


Excerpt: 平城遷都1300年記念事業平城遷都1300年記念事業(へいじょうせんとせんさんびゃくねんきねんじぎょう) は現在の奈良県奈良市に存在した古代の旧都平城京(奈良の都)が710年に藤原京から遷都されて平成..
Weblog: 今後の予定
Tracked: 2007-12-16 16:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。